コエンザイムQ10の過剰摂取問題  

コエンザイムQ10はサプリメントで摂取するのが、最も効率がいい方法です。

メーカーによっては1日あたりの摂取量の目安も違います。
栄養素などサプリメントで補う場合は、1日あたりの目安量がほぼ決まっているものもありますね。

しかしコエンザイムQ10の場合は上限がないといわれるくらい安全な成分です。
しかし上限がないといっても、過剰摂取はおすすめできません。

メーカーによって1日あたりの摂取量の目安が違うと言いましたが、これは目的が違うからです。
コエンザイムQ10は、元々体に存在している成分ですが、加齢やストレスが原因となり減少して行きます。

普通の生活をしている人の場合は、1日あたり必要なコエンザイムQ10の数値60mg~100mgもあれば十分です。
しかし激しいトレーニングを必要とするトップアスリートにもなると、
運動量も増えるのでそれだけ多くのコエンザイムQ10が必要になりますね。

個人差もありますが、この場合は100mg~300mgが理想だとされています。
もしも普通の生活をしている人が、トップアスリート並みの量を摂取した場合はどうなるのでしょうか?

コエンザイムQ10は比較的副作用もなく安全だとされていますが、
すべての人ではないものの、中にはコエンザイムQ10の副作用が出る人もいます。
例えば、動脈硬化を起こしている場合には、血中のコエンザイムQ10の量も多めになると言われています。
元々体の中に存在している成分なので、見方を変えればこれ自体は自然なことです。

しかしこのような状態で、コエンザイムQ10のサプリメントを摂取した場合は、過剰摂取となってしまいます。
これも個人差がありますが、副作用として吐き気、頭痛、胸やけといった症状を起こす人もいるので、
サプリメントとして服用する前には、自分の健康状態を把握しておくことも大切です。

もしも自分では判断できない場合は、健康診断を受けるか、医師に相談してみるといいですね。

健康食品は他にもたくさんあります。 高麗人参はダイエットに効果的も、参考になさってみてはいかがでしょうか。